サービスを知る::Web標準準拠対応構築

Web標準準拠対応構築

低価格なのにWeb標準に準拠した高品質パッケージ

Web標準 (Web Standards) とは、W3CやISO、IETFなどいくつかの国際団体が策定している「World Wide Webで利用される技術の標準となるもの」を指します。
中でも、W3C (World Wide Web Consortium) は、Webの発展と互換運用を確保するための仕様を開発している組織で、Web標準の中心的役割を果たしています。
※本サイトもW3Cの提唱するXHTML1.0 (Strict) に準拠して構築されています。

Web標準に準拠した開発

Web標準に準拠した開発とは、W3Cの提唱に基づき、文書の構造定義であるHTMLと見栄えの表現定義であるCSSを本来の目的で使用することをいいます。デザインなど見栄えに関わる表現定義が別ファイルにまとめられることで、文書構造がシンプルにコード化されたドキュメントになり、ファイルの軽量化だけでなくブラウザ間の表示の差異を抑えられます。

また、Web標準に準拠することは、アクセシビリティやユーザビリティの向上、SEO (Search Engine Optimizaiton / 検索エンジン最適化) においても有効な対策の1つとなります。

Web標準準拠のメリット
  • メンテナンス性の向上
  • ブラウジングスピードの向上
  • ファイルの軽量化による帯域の負荷軽減
  • ブラウジング環境の相互運用 (互換) 性の確保
  • アクセシビリティ・ユーザビリティの向上
  • SEO対策
サービス概要

ご納品するホームページを以下の文書定義と表現定義に準拠して構築します。

  • XHTML1.0 (Strict / Transitional)
  • CSS2.0

※Web標準準拠を品質保障としてご提供しています。

高品質で低価格なホームページ制作はセレサイトのお申し込み

導入までの流れ

クリエイターコラボ第1弾! あごぱん×セレサイト

セレサイトについて